大草原の小さな家 シーズン1-23「ジョニーの家出」

翻訳
著者
原題
To See The World
出版社
公開/出版日
Mar 5, 1975
監督
Type
drama
Date
Jan 11, 2020
notion image
タイトル見て、え?ジョニーってあのジョニー?という、若干の戸惑いがありましたが、そう、あのジョニーが再登場。お前さん…実は準レギュラー的なポジションやったんか……!
さすがローラの初恋相手ですね。
そして、視聴者の期待?を微塵も裏切らない、ジョニーの見事なボケっぷり。相変わらずだな君は!と脱力。
いや、ジョニーは素直でいい奴なんだ……。いい奴なんだけど、なんかこう、はた迷惑で、ちょっと危なっかしいっていうか、あの、そう、うん、それですよ。一言で言えば阿呆なんですよね、このボンは(あー、言っちゃったー)!!!
今回の被害者はエドワーズさん。
ウィンチェスターライフル買うの楽しみにしてたのに、殴られるわお金はなくなるわ、災難でした…。自分の発言のせいかも、というちょっとした負い目があるにせよ、ジョニーのためにせっかく貯めたお金もはたいて奮闘する(しかもそれを誰にも言わない)エドワーズさん、いい人すぎる。この人なんか損な役回りが多いので、本っ当ーーーーに、いつかきっちり報われて欲しいものです(泣)。
それにしても、まあ、こういうジョニーみたいな、なんか抜けてるけど憎めない人っていますよね。
裏表がなくていい奴なんだけど空気が全く読めない。コロッと騙されて高価なものとか買っちゃうんだけど、そもそも騙されてるって気付かないので傷つくこともない。
人を疑わない&嘘をつかないから、ある意味最強なんですよねえ…。
意外とこういう子がサクッと幸せになれるのかもしれませんね。
ていうか、幸せになっておくれよジョニー!お父さんも安心させてあげて!
ハタから見てて、言えるのはそれだけだなって思いました(笑)。

追記:ジョニーを振り回すミミは実にいいキャラクターでしたね!エドワーズさんに詰め寄られてサクッと通常モード?に切り替えるあたりが最高です。たくましい。ミミ役のジェーン・アリス・ブランドン、あんまりネットでも情報出てこないんですけど、こういう顔の女の人好きです〜。アメリカのTVを中心に出ていた女優さんで2015年に亡くなってるようです。