「母さんの休暇」……というよりは「エドワーズさんの受難」みたいなお話でしたね〜。

音楽の使い方も相まって、かなりコメディ色の強いドタバタエピソード。屋根に釘付けにされるキャリーとか、エドワーズさんの蛇料理とか、父さんの演劇のチョイスの悪さとか、エドワーズさんが屋根をぶち抜くとか、もうひたすら笑っちゃうしかないお話で、逆に語ることがないです。ハイ。アメリカンな会話とテンポを楽しむが吉です。

ということで、以下は切れ切れの雑感。

ガラガラヘビは……美味しいのかな。アメリカに行けば食べられるお店とかあるっぽいんですが、スープは厳しそうだなあ。ジャックも食べなかったし、胸毛はえるらしいし(笑)。ちなみに食後にキャリーが手に持って遊んでたの、ガラガラヘビの尻尾ですよね?

一方の父さん達の食事はお高そうでしたね〜。ホテルも立派だし、観劇も(途中で帰っちゃったけど)良い席でしたし、奮発しましたねえ。ちょっと物価がピンと来ないので調べてみたいものです。

あとはひたすらジャックとキャリーがかわいい!小さい子供って動物とおんなじだな…と思いました。

そしてエドワーズさん。腰を痛めても悟られず帰るあんたはエライ。

もう、なんていうか、ひたすらにお疲れ様でした! エドワーズさん!!